iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 44,408件
Modified : 2020/08/13 10:47
 すべて (44408)
 
 
  ビジネス (583)
  メール (1093)
  教育/学習 (2564)
  辞書/辞典 (633)
  天気 (504)
  占い (194)
 
 ゲーム (22686)
  アクション (2860)
  アーケード (174)
  スポーツ (747)
  レース (844)
  ストラテジー (183)
  ボードゲーム (592)
  放置ゲーム (444)
  脱出ゲーム (1183)
 
 その他 (4912)
  未分類 (4912)
AnyFont (総合 19974位)
価格 : 250円
App Store 評価 : 4.3 (評価数 : 3,671)
 


カテゴリー : マルチメディア (アプリケーション)
バージョン : 3.1.4
App Store 更新日 : 2020/01/15
開発者 : Florian Schimanke
動作条件 : iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
サイズ : 48.9MB
情報取得日 : 2020/08/13
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
"*** iOS版Word、Excel、PowerPointと互換性ができました ***

AnyFontによって、ついに全てのTureTypeフォント(.ttf)、OpenTypeフォント(.otf)、TrueTypeコレクション(.ttc)形式で、追加のフォントをお使いのiPhoneやiPadにインストールできるようになりました。インストールしたフォントはシステム全体で使用でき、Word、PowerPoint、Pages、Keynote、Numbersなどの他のアプリで使用できます。

iPhoneやiPadがフォントを認知していないせいで、プレゼンテーションでフォントが勝手に置き換わってしまうことはもうありません。MacやPCでプレゼンテーションを作成し、iPadでプレゼンを行う全ての方に最適なソリューションです。 

使い方はとても簡単です。充実したFAQと開始時のチュートリアルで、アプリを理解しやすくなっています。
動画チュートリアルをご覧ください: http://flo.vc/AnyFont

機能:
- iTunesのファイル共有またはメールやDropboなど他のアプリの「次の方法で開く...」を使って、新しいフォントを.ttf、.ttc、.otf ファイルとして追加
- シングルフォントやマルチフォントをzipまたはttcファイルとして追加
- シングルフォントやマルチフォントを同時にインストール
- AnyFontのストレージで、フォントをプレビュー
- 1,000種類以上のフォントのオプションセット(アプリ内購入)
- 端末上にインストールされている全てのフォントの完全なリスト
- ダークモードのサポート(iOS 13が必要)

互換性:
- Word、Excel、PowerPoint
- Numbers、Keynote、Pages
- Cricut Design Space
- Office Suite Pro
- Office²HD
- その他、数多くのアプリ!

AnyFont ウェブサイト: http://www.anyfont-app.com/

注意1: AnyFontを使って端末のシステムフォントを変更することはできません。AnyFontは、お使いの端末上に追加のフォントをインストールすることができ、端末のFont Bookを使用しているその他のアプリで追加したフォントを使用することができます。

注意2: キリル文字またはアジアの文字の中には、このアプリによるフォントのインストール方法に対応していないものがあります。

注意3: オプションのフォントセットを購入しなくてもAnyFontを使用することができます。いつでも独自にフォントを追加して、お使いの端末にインストールすることができます。"

iTunes App Store レビュー
  • ファイルアプリを開きましょう! 私はiPadで使用です。ちゃんと使えました。
    ファイルアプリに一度入れる必要があります。ファイルアプリはデフォルトであるはず…!

    ①Safariでダウンロードサイトからフォントをダウンロード。

    ②ダウンロードしたらファイルアプリを開く。ZIPファイルがダウンロードされている。

    ③ZIPファイルをタップ。

    ④するとフォルダーが作成されるのでタップして開く。

    ⑤TIFFファイルorOTFファイルがあるのでタップ。
    なお、フォントファイルが判断できない場合は、「~®フォント」のような表記があればそれがフォントファイル。

    ⑥フォントファイルを開くと、
    右上に「□↑」のマークがあるのでタップ。

    ⑦「Anyfontにコピー」を選んでタップ。見当たらない場合はアプリ一覧右端に「…」があるのでそれをタップすると「Anyfontにコピー」があるはず。

    ⑧タップするとAnyfontが立ち上がる。
    「独自のフォント」に追加されている。

    ⑨「独自のフォント」に追加されたフォントをタップ。「install」をタップ。

    ⑩「許可」をタップ。

    ⑪設定(歯車のやつ)を開くと「プロファイルがダウンロードされました」があるのでタップ。

    ⑫右上の「インストール」をタップ。パスコードが聞かれれば入力。

    ⑬右上の「次へ」をタップ。

    ⑭右上の「インストール」をタップ

    ⑮すると画面真ん中にウィンドウ(?)が開かれるので赤文字の「インストール」をタップ。

    ⑯「完了」

    困ってる人の助けになれば良いです。

    追記
    「引数が無効です」となった場合。
    「Easy Zip」というZIP解凍アプリを使用します。
    無効となったファイルを長押しして、「Easy Zipにコピー」を選び解凍してください。
    解凍してできたフォルダを開き、フォントファイルをタップ。「他のアプリに送信」で「Anyfontにコピー」を選ぶ。
    以降同じ要領です。⑧〜
  • インデックスと複数選択画面 このアプリのおかげさまで、iPadでフリーフォントが使えるようになり助かっております。
    今回、2つ提案をさせていただきます。

    1つは、『独自のフォント』画面右側にも、指のスライドで移動できるインデックスをつければ便利だということです。

    もう1つは、複数選択画面をインストール用と削除用で分けたほうがよいということです。
    インストール時には多数の選択で警告を出すべきですが、削除時にはその警告はかえってユーザーを不快にしてしまう恐れがあるからです。

    早急なご改善、お待ちしています。
  • 使えるが分かりにくい。人によっては気づけない。 アプリとしてはしっかり使えます。ですが、星1にしている方々が言う「独自のフォントに出てこない」というのは理由があります。フォントをダウンロードしてもフォント名が出てきません。しかし、欄の右側を見てみてください。「>」というアイコンが出てきていませんか?実はそれがフォントがこのアプリにコピー出来ている証拠です。そのアイコンが出ている欄を押すと、チュートリアル通りに進めます。アプリを再起動させてみてもフォントは表示されませんでした。欄の右側にはしっかりアイコンが出ているので一応ちゃんとインストールされているっぽいです。確かにこれは気づかない人は気づけないと思います。
    iPadPro2018で使用しています。クリスタでフォントを使うために購入しました。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2017 AppleRank. All Rights Reserved.