iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 46,389件
Modified : 2022/01/25 09:17
 すべて (46389)
 
 
  ビジネス (695)
  メール (1126)
  教育/学習 (2790)
  辞書/辞典 (628)
  天気 (553)
  占い (193)
 
 ゲーム (22875)
  アクション (2784)
  アーケード (171)
  スポーツ (773)
  レース (858)
  ストラテジー (197)
  ボードゲーム (592)
  放置ゲーム (571)
  脱出ゲーム (1361)
 
 その他 (5467)
  未分類 (5467)
本将棋Pro -高機能版- (総合 27009位)
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.1 (評価数 : 1,857)


 


カテゴリー
ソーシャルネット (アプリケーション)
バージョン
6.2.2
App Store
更新日
2022/01/17
開発者
Shigeo Mimura
対応機種
iPhone(iOS 10.0以降)、iPad(iPadOS 10.0以降)、iPod touch(iOS 10.0以降)、Mac(macOS 11.0以降とApple M1チップを搭載したMac)
対応言語
日本語  英語  中国語 
サイズ
14MB
情報取得日
2022/01/25
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
【 スマホ最強AI、オンライン対局は指し放題 】
無料で、AI対局とオンライン対局ができます
棋譜分析もできるので、棋力アップにどうぞ!

*段級位制。最初は十級から始めてください。最高六段まで上がります
*最強AIは、入門レベルから六段レベルまで
*オンライン対局は、登録不要で指し放題
*対局中はAIの的確なヒント
*2人用の将棋盤あり

------------

iTunes App Store レビュー
  • 結構使い心地はいい!だけど… 二段がまだ弱く普通に勝ててしまいます。
    追加課金でもいいので、もっと隙が無くて強いのを出して欲しいです。お願いします!
  • 初めてAIと対戦した老人の感想です 8月28日に購入、9月11日時点で、対戦成績が30勝5敗、現在、rating 11237 で初段になったところでこのレビューを書いています。購入動機は、AIと人間の違いを知りたかったからです。以下が私の感想です。
    (1) AIは、型にハマれば相当に良い手をさすが、信じられないような馬鹿な手を指すことがある。このソフトは負けが確定しても投了せずに自爆攻撃のような愚かな着手をするが、これはプログラミングの仕様によるのだろう。
    (2) ある段階でバグらしきものを発見すると、あとは容易に人間の方が勝てるようになる。負けから学習するプログラムが十分できていないようだ。
    (3)AIには、人間と違って美しい棋譜を残したいという美学はない。したがって、延々と300手迄続く醜い棋譜ができてしまう。
    したがって、AIと対戦するのは、ある段階に達すると、面白みがなくなり、顔の見える人間と対局したくなる。

    以上が初めてAIと将棋を指した人間の感想です。ちなみに、私は升田先生のファンで将棋は人生であリ芸術であるという考えを持っています。
  • 売り方に疑問 追記
    参考までに、このアプリに関連する課金要素の値段(2020年12月23日現在)を記します。
    ①本将棋Pro 完全版(永久プレミアム)
    →490円(40%オフ中の場合。ただし、かなり長い間セール中な気がする)
    ②対局の分析Pro 完全版→980円

    ①がこのアプリの対局数制限解除+広告除去等のための課金で、②が関連アプリの解析手数制限解除のための課金です。
    買い切りではありますが、このアプリよりもコスパが高いと思うアプリが他にあるので、個人的には課金する予定はありません。
    また、①について無料版と完全版の違いの説明が具体性に欠ける一方で、課金を促すポップアップは頻繁に表示され、違和感があります。「特典2:全ての制限を解除」という説明は制限の詳細を同時に説明しなければ無意味ですが、このアプリはそうしていないようです(2020年12月23日時点)。
    棋力や機能はそれなり(○〜◎)なので、売り方がもっと正攻法なら星3〜4を付けられるはずのアプリです。

    元(2020年4月)
    最高棋力は「六段を優に超える」とのことですが、認定の甘い町道場のアマ六段クラスという感じです。厳しく判定すればアマ(三〜)四段程度ではないでしょうか。24やウォーズの六段の方が強いと感じます。「スマホ最強」も誇大広告と思われます。コンピュータ将棋アプリは色々と試しましたが、本将棋Proはせいぜい3〜4番手という印象です(2020年4月現在)。
    また、課金や別アプリDLを頻繁に勧めてきます。無料版では1日あたりの対局回数が制限されており、その制限を解除するためのアップグレード(課金)を頻繁に勧めてきます。それとは別に、「対局の分析Pro」というアプリのダウンロードも頻繁に勧めてきます。なお、そのアプリも無料版では1局あたりの解析手数が制限されており、その制限を解除するための課金を勧めてきます。機能を全て使いたい場合、実質的には有料アプリです。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2021 AppleRank. All Rights Reserved.