iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 45,463件
Modified : 2021/10/23 10:38
 すべて (45463)
 
 
  ビジネス (651)
  メール (1094)
  教育/学習 (2688)
  辞書/辞典 (609)
  天気 (539)
  占い (189)
 
 ゲーム (22926)
  アクション (2784)
  アーケード (174)
  スポーツ (767)
  レース (901)
  ストラテジー (193)
  ボードゲーム (590)
  放置ゲーム (577)
  脱出ゲーム (1326)
 
 その他 (5185)
  未分類 (5185)
iVCS3 (総合 8294位)
価格 : 1,840円
App Store 評価 : 4.5 (評価数 : 22)


 


カテゴリー
カード/パズル (ゲーム)
バージョン
3.4.7
App Store
更新日
2021/10/20
開発者
apeSoft
対応機種
iPhone(iOS 12.0以降)、iPad(iPadOS 12.0以降)、iPod touch(iOS 12.0以降)
対応言語
英語 
サイズ
111.4MB
情報取得日
2021/10/23
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
iVCS3
Official EMS VCS3 emulator

The VCS3 was created in 1969 by Peter Zinovieff's EMS company. The electronics were largely designed by David Cockerell and the machine's distinctive visual appearance was the work of electronic composer Tristram Cary. The VCS3 was more or less the first portable commercially available synthesizer—portable in the sense that the VCS 3 was housed entirely in a small, wooden case.
The VCS3 was quite popular among progressive rock bands and was used on recordings by The Alan Parsons Project, Jean Michel Jarre, Hawkwind, Brian Eno (with Roxy Music), King Crimson, The Who, Gong, and Pink Floyd, among many others. Well-known examples of its use are on The Who track "Won't Get Fooled Again" (as an external sound processor, in this case with Pete Townshend running the signal of a Lowrey Organ through the VCS3's filter and low frequency oscillators) on Who's Next. Pink Floyd's "On the Run" (from The Dark Side of the Moon) made use of its oscillators, filter and noise generator, as well as the sequencer. Their song Welcome to the Machine also used the VCS3. The bassy throb at the beginning of the recording formed the foundation of the song, with the other parts being recorded in response. The VCS3 was also a staple at the BBC’s Radiophonic Workshop, and was a regular (and most frightening) sound generator for the Dr Who TV series. Many fo the monsters and atmoshere;s created for the show came directly from the VCS3.

Description

The VCS3 has three oscillators (in reality, the first 2 oscillators are normal oscillators and the 3rd an LFO or Low Frequency Oscillator), a noise generator, two input amplifiers, a ring modulator, a 18dB/octave (pre-1974) or 24dB/octave (after 1974) voltage controlled low pass filter (VCF), a trapezoid envelope generator, joy-stick controller, voltage controlled spring reverb unit and 2 stereo output amplifiers. Unlike most modular synthesizer systems which use cables to link components together, the VCS3 uses a distinctive patch board matrix into which pins are inserted in order to connect its components together.
Keyboards controller

iTunes App Store レビュー
  • おすすめ 生半可では使いこなせませんが、それなりに音楽制作に使えます。
  • 操作は簡単だけど 使い道で悩むシンセです。ステップシーケンサーとリサンプリングでこれだけで作りたくなってしまいます。購入しての最初は、まず回転させてシーケンサーを止めて、もしサンプラーも鳴っていたらそれも止めて、アナログシンセに集中。パラメータの考え方が、現在と違う部分を、理解して、それから縦が出力、横が入力のマトリックスボードに必要に応じてピンをさす。シンプルなシンセですが、音は魅力的です。
  • 人を選ぶシンセアプリ 元となったシンセサイザーは、マニアでは有名なんだそうですが、名前すら知りませんでした。
    使い方は他のシンセとは違い、特殊で意図した音を作れるようになるまで戸惑います。
    音も良い意味で枯れた音がします。
    セッティング次第でぶっ飛んだ音になりますので、楽曲のスパイス的な役割を果たすことでしょう。これにしかない音があります。
    連携性も高く、DAWで使えます。
    綺麗にまとまったテクノにうんざりしている方にお勧めします。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2021 AppleRank. All Rights Reserved.