iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 43,445件
Modified : 2020/07/10 13:38
 すべて (43445)
 
 
  ビジネス (562)
  メール (1072)
  教育/学習 (2486)
  辞書/辞典 (627)
  天気 (496)
  占い (189)
 
 ゲーム (22186)
  アクション (2855)
  アーケード (174)
  スポーツ (711)
  レース (807)
  ストラテジー (185)
  ボードゲーム (580)
  放置ゲーム (444)
  脱出ゲーム (1125)
 
 その他 (4769)
  未分類 (4769)
IR (総合 1348位)
価格 : 1,100円
App Store 評価 : 4.8 (評価数 : 144)
 


カテゴリー : アドベンチャー (ゲーム)
バージョン : 1.0.1
App Store 更新日 : 2015/01/13
開発者 : VisualArts Co.,Ltd.
動作条件 : iOS 5.1.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
サイズ : 939.5MB
情報取得日 : 2020/07/10
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
AIR

その町には夏が訪れていた。
人形を操るひとりの青年。
その周りには子供がふたりだけ。
観客の興味を引くには、青年の芸は退屈すぎた。
子供たちは興味を失い、その場を走り去った。
青年は旅のひと。
彼の道連れはふたつ。
手を触れずに歩き出す、古ぼけた人形。
「力」を持つ者に課せられた、はるか遠い約束。
そんな彼に、話しかけるひとりの少女。
人なつっこく、無邪気に笑う。
彼女との出会いをきっかけに、この土地での暮らしが始まる。
夏の情景に包まれ、穏やかに流れる日々。
陽射しの中で繰り返される、少女たちとの出会い。
夏はどこまでも続いてゆく。
青く広がる空の下で。
彼女が待つ、その大気の下で。

2000年9月8日にWindows用PCゲームとして発売したKeyの恋愛アドベンチャーゲーム『AIR』。
コンシューマ移植やTVアニメ、劇場アニメ、コミックなど様々なメディアミックスし、
発売より10年以上経過しているが、今だ多くのファンがいる。

※本アプリにボイスは収録されておりません。

原画:樋上いたる
シナリオ:麻枝 准、イシカワタカシ
BGM:折戸伸治、戸越まごめ、麻枝 准
主題歌:『鳥の歌』(作詞:麻枝 准/作曲:折戸伸治/歌:Lia)

iTunes App Store レビュー
  • 今日7月17日に。 自分は最初にAIRをアニメで観て、凄く感動していつかゲームもしてみたいなと思い今日このアプリを購入しました。
    早速始めた所、物語内の初日がなんと今日と同じ7月17日!
    何か運命を感じました(笑)
    アニメを観て物語内容はそれとなく分かっているんですがそれでも今日7月17日から、新たな気持ちでAIRと言う作品を楽しみたいと思います。
    今、レビューを見て購入を考えている方、買って絶対損しませんよ!是非この夏にこの素晴らしい作品に出会って欲しいです。
    終始自分の感想文でしたすいません(笑)
  • 思い出の作品 若干ネタバレとも取れる事を書いてるので嫌な方は飛ばしてください。

    昔18の頃ニコニコ動画で流行ってて興味本位でやった作品。
    ほんっとうに長い話で序盤がダレる人もいるかと思う。だけど、一つ一つ不器用な2人を見ながら2人の日常を慣らしていってほしい。keyは独特な世界観を持っているからその世界観に合わせて見てほしい。
    段々世界観に慣れてくると自然と引き込まれて最終ルートには精神が崩壊する。本当に精神と涙腺が崩壊される。
    最後自分は1時間泣き続けた。次の日も泣いた。人間ってここまで涙が出るのかと驚くくらい泣き続けた。
    そして、本当に精一杯生きようと思った。この作品は素晴らしいと言うには切なすぎる。ただただここまで感情を揺さぶられるのが凄すぎる作品だった。

    間違いなく買って損はない。
  • 非常によくできたシナリオ 当方、恥ずかしながら今までこの作品に触れたことがなかったのだが、たまたまApple storeで見かけ、スマホで気軽にプレイできるとのことで購入を決意。ひととおりプレイし終えた感想は...ネタバレを考慮して言うなれば、シナリオ、bgm、登場人物の個性がそれぞれに秀逸であり、そのコンビネーションも相まってか、気がついたら瞳に涙が溜まることがたびたびあった。噂に違わぬ傑作と言えるだろう。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2017 AppleRank. All Rights Reserved.