iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 42,993件
Modified : 2021/06/13 03:44
 すべて (42993)
 
 
  ビジネス (580)
  メール (1051)
  教育/学習 (2444)
  辞書/辞典 (542)
  天気 (486)
  占い (170)
 
 ゲーム (22028)
  アクション (2689)
  アーケード (167)
  スポーツ (726)
  レース (882)
  ストラテジー (187)
  ボードゲーム (578)
  放置ゲーム (493)
  脱出ゲーム (1245)
 
 その他 (4809)
  未分類 (4809)
AKB48のどっぼーん!ひとりじめ‪!‬ (総合 4802位) ※2021/06/12時点
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.7 (評価数 : 3,703)
 


カテゴリー
カード/パズル (ゲーム)
バージョン
1.0.22
App Store
更新日
2021/05/31
開発者
RED QUEEN, INC.
対応機種
iPhone(iOS 10.0以降)、iPad(iPadOS 10.0以降)、iPod touch(iOS 10.0以降)
対応言語
日本語 
サイズ
262.5MB
情報取得日
2021/06/12
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
RedQueenが贈るアイドルガチ参戦アプリ 第4弾!
ドボンでAKB48メンバーと対戦しよう!

■オンライン対戦でメンバー参戦!
1人でじっくり遊べるCPU対戦と、オンラインマルチ対戦で楽しめます!
オンラインマルチ対戦ではメンバー本人も参戦!
メンバーとマッチングした幸運なプレイヤーは直接対戦出来ます。
※メンバー本人参戦時は特殊演出が発生します。

■推しメンと仲良くなろう!
お気に入りの推しメンを設定して、ドボンを遊ぶとカードが成長したり

iTunes App Store レビュー
  • 暇つぶしに最高 AKBメンバーと対戦できる事がウリのゲームですが、
    メンバーと当たる確率はそう高いものではありません。

    ただ、メンバーと当たらなくてもサクッと遊べる手軽さ(ルールはリアルタイムで出せるカードなど教えてくれるので、知らなくても問題ないです)や、1時間ごとにアプリのCM見てハートを2個回復など、無課金でも楽しめます。

    ただし、メンバーランキングというものが存在し、上位に食い込みたい、推しメンを一位にしたい、などの意図がある場合は途端に廃課金ゲーに変貌するので、ほどほどに遊びましょう。

    他にも思う事はありますが、アイドルグループ関連のゲームアプリの中では秀逸な出来だと思います。
  • ゲーム性は素晴らしいけど… このゲームの醍醐味と言えば本人登場ですが 推しメンと対戦すると嬉しい 気になる点がひとつあり メンバーの発言で確信的なモノで欠点があります。私自身も 自分の使ってる表示に疑問点があり問題提起したいです。

    それは 推しメンカードのメンバーの画像がアイコンより表示が小さくてどのメンバーか?が解りにくい点です。(誤解なきように付け加えるとメンバーが画像が小さいと言っていたわけじゃありません)

    画像には ヒキ画像 チュウの画像 ヨリの画像があり ヨリの画像でも認識しづらいなって印象でしたが…
    メンバーの発言も 称号(〜推し)で自分推しって解ってから画像も自分のカード使ってくれてる〜などの発言をしているメンバーを配信で観てます。1人ではなくて複数メンバーを認識してます。

    正直なところ iPadを使ってても見にくいです。チュウやヒキは論外です。
    せっかくのメンバー画像が死んでるのが 非常に勿体ないです。
    ホーム画面しか活きてません。対戦相手は もちろん 推しメンにはカード使ってますよ!推しメンですよ!ってアピールできるように改善して頂きたいです。

    ゲーム性としては素晴らしいと思いますので…
  • 無課金ユーザーへのカードの配布が作為的 当初は、運ゲーだと思っていたが、ゲームを記録してみると無課金ユーザーへのカード配布が作為的。

    課金ユーザーには、数字の低いカードが配布される傾向が強く、カードの合計が8または10〜Kになるように配布されている。
    そのため、9割以上の確率で8または10〜Kでドボンが起こる。
    また課金ユーザーに集中してJとQが配布されることも多く、JとQばかり出されて無課金ユーザーがカードをなかなか出せないということも多々ある。

    逆に無課金ユーザーへのカード配布は、10〜Kが非常に高確率で行われる。
    初期配布でもこの傾向が強く、酷い時には最初にKを出してドボンされて終了ということもある。
    大きい数字のカードを出して減らしても、必ず10〜Kが配布されるため、ドボンの頻度は課金ユーザーに比べると圧倒的に少なくなる。
    また、課金ユーザーと色違いのカードを故意に配布してるのか、カードが減ったのにパスを繰り返すことを強いられて、あっという間にカード最多枚数に追い込まれることも日常である。

    ドボンをすると脳内でアドレナリンが分泌されて快感が味わえるので、課金ユーザーの満足度は高いと思われる。
    無課金ユーザーは、その快感を体験させるための養分に過ぎないのかもしれない。
    逆を言えば、課金ユーザー同士ではカード配布が平等になると思われるので、五分の勝負を楽しめるのかもしれませんね。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2021 AppleRank. All Rights Reserved.