iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 50,260件
Modified : 2022/08/15 21:09
 すべて (50260)
 
 
  ビジネス (768)
  メール (1234)
  教育/学習 (3016)
  辞書/辞典 (694)
  天気 (605)
  占い (199)
 
 ゲーム (24567)
  アクション (2992)
  アーケード (179)
  スポーツ (828)
  レース (926)
  ストラテジー (210)
  ボードゲーム (638)
  放置ゲーム (658)
  脱出ゲーム (1461)
 
 その他 (6058)
  未分類 (6058)
ディアブロ イモータル (総合 6914位)
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.7 (評価数 : 26000)




カテゴリー
ロールプレイング (ゲーム)
バージョン
1.5.2
App Store
更新日
2022/07/28
開発者
Blizzard Entertainment, Inc.
対応機種
iPhone(iOS 11.0以降)、iPad(iPadOS 11.0以降)、iPod touch(iOS 11.0以降)
対応言語
日本語  英語  中国語  韓国語 ほか
サイズ
3.4GB
情報取得日
2022/08/15
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
画期的な「ディアブロ」体験

Blizzard Entertainmentの「ディアブロ イモータル」は、新たなジャンルを創出した画期的なARPGシリーズの最新作であり、「Diablo II: Lord of Destruction」と「ディアブロ III」の間の出来事が描かれています。これまでにない進化を遂げた、サンクチュアリの悪夢のような世界を探索しましょう。本作は天使と悪魔が人間界の支配を巡って終わりなき戦いを続ける世界を舞台にした大規模MMORPGです。無数のプレイヤーとチームを組み、壮大なクエストに挑んで、粉々に打ち砕かれた穢れしワールドストーンの欠片を集め、恐怖の帝王の復活を阻止しましょう。新旧の「ディアブロ」ファンと肩を並べて広大なオープンワールドを旅し、数多の悪魔を討ち、驚くべき戦利品を集めて、想像を絶する力を手に入れましょう。

敵を倒して道を切り拓け

バーバリアン、デーモン・ハンター、ネクロマンサー、クルセイダー、モンク、ウィザードの特徴的な6種類のクラスからキャラクターを選んでカスタマイズ。敵を倒して新たなスキルを獲得し、戦場で最強のプレイヤーを目指しましょう。新登場のアイテムやレジェンダリー武器を装備し、自分のキャラクターの成長に合わせて、お気に入りの武器をレベルアップしていきましょう。驚くほど自由度の高い「ディアブロ イモータル」には、数多くのカスタマイズ方法や装備が用意されており、サンクチュアリの広大なMMORPGの世界で、誰もが思い描いたままの自分になることができるでしょう。

手に汗握る、ハイペースな戦闘

PC上での最良のゲームメカニズムが、モバイルデバイスの直感的な操作方法でプレイ可能に。「ディアブロ イモータル」では、比類なきMMORPG体験を楽しむことができます。快適な操作性で、レイドするのも、ソロで悪魔の軍勢に挑むのも思いのまま。ディレクショナルコントロールでヒーローの移動も自由自在。敵勢に強力なスキルを発動するのも長押しして狙いを定め、指を離すだけです。

レビュー
  • かなり良い 総プレイ時間は分かりませんが、レベルは60(31)で、かなりやり込んでいます。
    良い点
    ・課金要素の宝石が、そこまで強くない。
    正直、「宝石よりレベル」という感じです。PvPで課金勢に勝てないとの意見が散見されますが、そもそもPvPでは相手の装備を見ることは不可能なので、PSが無いのを課金のせいにしたいだけの人ですね。
    尚、散々レビューでは元のディアブロがどうとか書かれていますが、自分は元のディアブロを全く知らないし、調べる気もありません。なぜならどう考えても比較対象が間違っているからです。自分は魔剣伝説を若干やったことがあるくらいですが、スマホのMMOなんて廃課金の代名詞なので、この点については革命的と言って良いでしょう。
    ・操作性が良い
    パッと例えを出すなら、MOBAですね。これをやった事ない人がどう感じるかはあまり分かりませんが、自分はスマホのMOBAはほとんどのものをやっていたので、かなり楽だと思いました。
    ・装備ドロップの設定が丁度いい
    高すぎもせず、低すぎもせず、脳汁ラインを完全に解っていますね。ただ、自分は、レジェ装備が被りまくってあまり装備の要素(精髄という、レジェンダリー装備の能力を保管しておくもの)が楽しめていませんが、、、よほど偏りがない限り、どっぷり気持ちいい確率だと思います。
    ・経験値の上げやすさ
    先ほど言ったとおり、割と経験値が大事なのですが、60(20)くらいまでは、デイリー消化してるだけでかなり上がります。ただ、そこから先はサーバー平均より高いレベルになり、獲得経験値が80%や60%になるのでフルパを組んで人気のキルチェインつなぐスポットでひたすら狩ることになるでしょう。自分は、今日は絶対ここまで上げるという目標を作り、音楽などを流しながら無心でやっていました。あと、自分は全然感じませんでしたが、クランの人たちによるとフィールド狩りでも普通にレジェ装備が落ちまくるとのことで、音楽を使わなくても運が普通にある人はレベリングが苦にはなりません。
    悪い点
    ・チャットの漢字制限
    なぜかわからないのですが、チャットでかんじがつかえません。べつにじぶんがうつぶんにはかまわないのですが、ワルチャでほかのひとのぶんをみると、どうもチープなゲームをしているきがしてなりません。それだけでなく、どうおんいぎごなどがたくさんあるにほんごにとって、かんじがないのはちめいていですし、ほかのところにちからいれといてこりゃないでしょってかんじです。てかこの文読む気起きます?なんなら本文よりこの漢字使った一部の方が先に目に入ってくると思います。そのくらいあり得ない事なので、いい加減直したほうがいいです。
    ・とんでもなくショボい〇〇記念の報酬
    これは、この前あった1000万ダウンロード記念?とか何かのときのメールの内容が酷すぎたというものです。こういうのは、全ユーザーにそれなりに良いものを配って、差さえつかないけれど、楽しさ、お祭り感といった点で楽しむというのがデフォルトだと思うのですが、今回の報酬は日本円で約56円相当らしく、実際酷いものでした。おそらくこれからこういう報酬があっても、同じ感じなので、期待できませんね。
  • 厳しい 課金して複数キャラをやり込みましたがモチベに限界を感じたので感想だけ残しておきます。

    まず廃課金しなければ弱いというのを徹底したゲームなので大体のプレイヤーにはつまらない気がします。
    弱さを補うためにジェムを重ねまくるしかない仕様が重課金程度では厳しくてマイナスです。
    レベリング効率はある程度からどんどん異常に下がるので時間を費やす作戦も一切通用しません。

    PvPは自動マッチングですが戦力偏りがあまりに酷くて出来が悪すぎると言わざるをえません。
    リザルトで両陣営を確認できますが毎回の戦力格差を目の当たりにして非常にガッカリします。
    負けたくなければ課金しろ、という稚拙な課金煽りをシステム的に仕組んだつもりでしょうか。
    課金させるどころか引退に追い込んでいるだけのマッチングは見直すべきでしたが残念です。

    PvEは内容が薄くて同じことを単調に手動で毎日繰り返すだけなのですぐ飽きます。
    PTを自力強要させるコンテンツばかりで既に過疎化した今となってはまともに進行すらおぼつきません。
    そもそも廃課金することが最重要なので不毛な作業だと認識すればたちまちやる気を失います。
    ドロップは渋いわりに碌な物しか無いため継続する目的を見出せなくなりがちです。
    装備やレベルは横並びでビルド幅も極狭いので無個性な状況に耐え続けるほかありません。

    稀のアップデートは期待ハズレの水増しばかりなのでもはやどうにもならないと痛感させられます。
    莫迦らしい数々のバグこそ時々修正されますがサイレント修正は頻繁に挟むので不信感だけが募ります。

    他にも細かい不満を出せばキリがなく抜本的な変化でも無い限りはつまらないままだと思います。
  • 良作だが…f2pは絶対に腐敗する?(追記あり ★(追記)著名な海外サイトもとうとう本ゲームの情報更新から撤退してしまった。ベースは面白いハクスラなのだが、残念ながら現状は課金誘導が目立ち、嫌な予感が的中しつつある。ダンジョンのパーティ強制はマイペースにプレイさせないようにするためか。HELL2以降は装備更新のペースが遅くなる上に要求能力値が一気に高くなり遊べるコンテンツも変わり映えしなくなる。無課金ではよほどの熱意がないと継続するのは苦痛になると思う。周囲でもそのタイミングでin頻度が下がっている。

    ★(以下、レビュー)
    ハードとの相性やバトルネットに関する不満も先行レビューでは書かれているが、そこには触れず純粋にゲーム内容について、リリース直後から一月ほどプレイしてみてのレビュー。

    既報のように、海外のレビューでは完全な課金ゲームという評価も出ているので、その点も含める。

    各特徴は、良い点か悪い点かは人によると思われるので判断せず、なるべく客観的に書き出してみる。

    なおレビュアーは、買い切り型として払うならこの程度と思われる額を課金し、ストーリークリア、適正はHELL2、対人コンテンツも数十回、シャドウウォーには毎回参加し、戦場のMVPも相応にとる程度にはプレーしている。

    ●ディアブロの世界観を維持している
    ●平原→砂漠→熱帯林→雪山→地獄というお馴染みの面構成
    ●ジョブごとの個性が立っている
    ●キャラの性別選択とある程度の顔の造形が可能
    ●日本語の音声とテキストがあり、音声のみ英語なども可能
    ●ゲーム後半のテキストの日本語翻訳はやや雑(NPCの名前のカタカナ表記が場面により異なったりする)
    ●チャットで漢字が使えるようになった
    ●戦闘は手動
    ●同じジョブでも装備とスキルの組み合わせで戦闘方法が大きく変わる
    ●レベル上昇によりステータスとスキルにポイントを割り振るシステムはない
    ●レベル60以降はポイントを能力に振るパラゴンシステムがある
    ●アイテム掘り(トレハン)がゲームの中核であることは不変
    ●クラン、固定チーム、陣営、とMMOらしいシステムがある
    ●セット装備の出るダンジョンをプレイするためには、HELL2以降4人でパーティを組まねばならない(見つからないときは本当に人が見つからずプレイできない)
    ●ストーリーを進める上では課金は必要ない
    ●ストーリークリア後がゲーム本番かと思われるほど解放されるコンテンツが様々ある
    ●装備そのものは課金要素ではなく入手は基本的にトレハンするしかない
    ●一度入手したレジェンダリーは外観と特殊性能のみ他のレジェンダリーに入れ替えできる
    ●キャラの能力をかなりの程度左右する、装備に填める宝石類が課金要素(宝石はほぼ関係ない、というレビューもあるが、レジェンダリー宝石のシステムに疎いか、無課金ゆえに効果を実感する機会がないかだと推測される)
    ●宝石類は実質的に課金しないと満足に入手できない
    ●課金の多寡は能力に直結する(基本的に課金しなければ入手できないレジェ宝石を消費して装備したレジェ宝石を育てることで、共鳴なるシステムで能力がX%伸びるので、同じレベルでも能力は全く変わる)
    ●PvPコンテンツに無課金で参加することは可能だが課金勢に勝つのは現状では難しそう(相手の装備を見れないのだからPSがないだけ、というレビューもあるが、スキルも装備も全て見られる。やはりシステムに疎いだけのように思われる)

    現時点での総評としては、他人と比べずにマイペースにトレハンし装備を整えスキルとの組み合わせを楽しむなら、無課金勢にもお勧めできる良作。

    しかしp2wゲームと呼ばれる素地は十分に整っており、今後の運営がどのコンテンツに注力するか注視したい。

    なお、p2wを擁護する物分かりのよいユーザーが散見されるが、p2wが批判されるのは、端的にユーザーの焼畑農業であり、終焉が見えており、ゲームそれ自体の魅力の破壊だと感じるユーザーが多いからだろう。名作と呼ばれるゲームに買い切り型が多いのは偶然ではない。

    f2pゲームの中にもディアブロオマージュのAnima ARPGのような稀有な例外もあるが、基本的には「f2pはp2wになりがち」という経験則がここでも妥当するのか、今後の動向に注目したい。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2022 AppleRank. All Rights Reserved.