iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 49,887件
Modified : 2022/08/07 18:28
 すべて (49887)
 
 
  ビジネス (770)
  メール (1228)
  教育/学習 (3012)
  辞書/辞典 (690)
  天気 (603)
  占い (197)
 
 ゲーム (24294)
  アクション (2957)
  アーケード (177)
  スポーツ (823)
  レース (922)
  ストラテジー (209)
  ボードゲーム (634)
  放置ゲーム (638)
  脱出ゲーム (1445)
 
 その他 (6045)
  未分類 (6045)
熟語消し-単語消しの暇つぶしゲーム (総合 21847位) ※2022/08/03時点
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.3 (評価数 : 114000)




カテゴリー
教育/学習 (アプリケーション)
バージョン
3.3
App Store
更新日
2022/07/27
開発者
Togother Many Information Technology Co, Ltd.
対応機種
iPhone(iOS 10.0以降)、iPad(iPadOS 10.0以降)、iPod touch(iOS 10.0以降)、Mac(macOS 11.0以降とApple M1以降のチップを搭載したMac)
対応言語
日本語  英語 
サイズ
254.2MB
情報取得日
2022/08/03
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
洗練な画面、簡単な操作、豊な問題集。さあ!今からはあなたの熟語力をチェックしましょう!国語の魅力を実感し、知力もアップしましょう!

もしあなたも熟語の書きや読み、使用に間違えたことがあるのなら、ぜひ熟語消しをダウンロードし、遊びながら間違いを正し、意味をも覚え、熟語をマスターし、国語力をアップしましょう!

操作法:
ゲームが始めたら、ステージ内の候補文字を観察し、熟語を組み立てられるものを見つけ出し、指を横または縦に線を引くように文字四つをスワープし、選択された文字がもし正しい熟語であれば、文字はゲーム盤から消される、その上の文字ブロックは落下する。

ゲーム盤の文字ブロックをよく観察し、消し順を予め予想すれば、素早く熟語を消してクリアできるよ。お馴染みでない熟語がでても、解説機能を使い効率よく勉強できる。

数え切れない熟語バンクを目の前にし、あなたはどれほど掌握してるの?一見簡単で常用な熟語でも、その意味や用法については本当に理解してるのか?熟語消しはプレッシャー解消にもなり、熟語についての迷い払いにもなり、あなたの手近な熟語ハンドブックでもなる。

レビュー
  • 色々と楽しませて貰ってます 四字熟語を見つけて消すゲームです。クリアすると官位が上がります。上がると住居が立派になって財産も貯まり家来も増えて、聖人君子とはマッ逆の方向にひた走るのが可笑しい。途中で「すごい」とか「すてき」とかのコメントも出ます。「いいね」のはずが「いいぬ」なのもご愛敬。
    改善を希望する点としては、ゲームが終わった後で広告に飛ぶ前に、ゲームで出てきた四字熟語の意味を調べられると有難い。ゲームが終わった直後に四字熟語の意味を調べるかどうかを尋ねる場面を入れて欲しい。それができるようになったら☆5つ。
  • 難易度が 広告が多いと言うが、ソリティア系の広告などは「時によってはiPad自体を再起動しないと消せない」レベルで一回終了毎に出てくるモノもある中華系ゲームが跋扈しているので、それに比べればマシなレベル。
    ただ難易度が、「誰でも知ってるレベル」3割、「少々難解」2割、「かなりハイレベル」2割、「使うことも無いようなわけ分からん四文字」3割、ぐらいで作ってるような気がする。
    で、「誰でも」と「使う事も無い」レベルが半分以上な感覚なんで、ヤリガイ感が薄れる。
    と言うのは、最初に「誰でも」レベルを潰した後は、感頼みになる事もしばしばだからである。
    こういうゲームは中レベルの知識が多用されてこそヤリガイや達成感を味わえると思うのだが...
  • 他の方もおっしゃるように ゲームとしてはわかりにくい時のヒントもあり、時間制限で焦らせることもなくいい感じです。四字熟語を全部クリアした直後に広告が出ますが、そのあとそのターンの熟語の意味をまとめて調べることもできます。ところが文書が長いものは途中で説明が切れてるんですよね。そこはモヤッとしてしまうので改善して欲しいです。知らなかった四字熟語との出会いもありなかなか良いです。『いいね』が『いいぬ』になってるのは結構笑えます。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2022 AppleRank. All Rights Reserved.