iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 44,343件
Modified : 2020/08/05 23:04
 すべて (44343)
 
 
  ビジネス (579)
  メール (1090)
  教育/学習 (2563)
  辞書/辞典 (635)
  天気 (504)
  占い (194)
 
 ゲーム (22659)
  アクション (2859)
  アーケード (173)
  スポーツ (745)
  レース (839)
  ストラテジー (182)
  ボードゲーム (592)
  放置ゲーム (445)
  脱出ゲーム (1183)
 
 その他 (4882)
  未分類 (4882)
グウェント ウィッチャーカードゲーム (総合 11651位)
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.7 (評価数 : 9,270)
 


カテゴリー : カード/パズル (ゲーム)
バージョン : 7.1.2
App Store 更新日 : 2020/08/04
開発者 : CD PROJEKT S.A.
動作条件 : iOS 12.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
サイズ : 3.1GB
情報取得日 : 2020/08/05
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
「ウィッチャー」の世界を舞台にした大人気カードゲームを、今すぐ無料プレイで楽しもう! コレクタブルカードゲームとトレーディングカードゲームが融合した『グウェント』で、目まぐるしく展開するオンラインPvPの決闘に挑め。駆け引き、咄嗟の決断、デッキ構築が勝負の行方を左右する。ゲラルトやイェネファーをはじめとした「ウィッチャー」の世界を象徴する英雄らが登場。呪文やアビリティを使って戦況を一変させよう。うまく相手を出し抜き、クラシックモード、シーズンモード、アリーナモードで勝利を収めろ。『グウェント ウィッチャーカードゲーム』を今すぐ無料プレイ!

無料プレイで心ゆくまで楽しもう — 公平かつ奥行の深い進行システムにより、強力なカードコレクションを作り上げる喜びを味わおう。新しいカードを手に入れデッキを構築すれば、誰でも『グウェント』を楽しめる。すべてはあなた次第だ。

盤上で展開される圧巻の戦い — 緻密に描き込まれたアートと、ダイナミックな視覚効果がカードと戦場に命を吹き込む。プレイはもちろん、戦いを眺めるだけでも楽しいのが『グウェント』の魅力だ。

運よりも実力 — 力にものを言わせて押し切るか、巧妙な罠を仕掛けて出し抜くか、デッキの可能性は無限大だ。独自のラウンド形式を採用する『グウェント』では、様々な戦略を編み出し戦うことができる。実力で勝利を掴み取れ。

多彩なゲームモード — フレンドとの手軽なオンライン対戦から、やり応えのあるPvPチャレンジ、アリーナといった驚きに満ちた新たな冒険まで、『グウェント』には様々なゲームモードが用意されている。

シンプルなルール、シビアな戦い — 戦略的特性の異なる「近接」列と「間接」列に、デッキから引いたカードを配置しよう。戦いの中で相手より多くのポイントを獲得すればラウンドに勝利する。3ラウンド中、先に2ラウンドを制したほうが最終的な勝者となる。一筋縄ではいかない戦いに覚悟して挑もう。

撤退も躊躇も許されない真剣勝負 — デッキから10枚カードを引き、それを手札とした状態で戦いを始める。手札のカードは最初から自由に使える。最強のユニットを序盤に投入するのも、あるいは終盤に温存するのも、全てはあなた次第だ。独自のデッキ、独自の戦術で勝利を手繰り寄せよう。

iTunes App Store レビュー
  • 強いカードより戦略! 「ウィッチャー3」からグウェントが好きです。このリリースされたバージョンとは違うところが多いですが、本質は変わってません。
    題のように『強いカードより戦略』です。強いカードは確かに一枚でも相手に大きな消耗を強いる事ができます。ですがそのカードで取れるラウンドは基本1回のみ、さらに相手側に対策されてしまうと意味が薄れてしまいます。強いカードだけでは勝つことができません。デメリットがあるカード(例えば盤面に出すと相手にも自身にも同じダメージを与えるユニットなど)もデッキの戦略次第ではキーカードとなることも!
    初心者は「生成?召喚とプレイの違いって何?勇躍?用語が多い!」となると思います、実際自分もそうです。でもしっかり説明テキストを読めば使うタイミングはある程度わかるはずです。
    始める人は『スターターデッキ(最初からあるデッキ)』は崩さずにまずは使ってみましょう。その勢力の得意な戦術を知る最善の方法です。それにほとんど完成されているデッキなので「対戦相手が上のランクだ!」となっても大丈夫、よく考えて戦えば勝つ事もできます。

    最後に「もっとカードが欲しいなら、やっぱり課金必須?」について。
    確かに課金すればより多くのカードを手にできます。ですが「課金したから勝てる!」にはなりませんし、カードパックである『タル』を入手できる方法が課金以外に多く存在。欲しいカードを確定で入手する方法も存在。やってみて「あんな戦術を使いたい!もっといろんな勢力とカードで戦いたい!」そして「グウェントをもっとやりたい!」と思ったなら、考えてみましょう。『課金は計画的に』
  • これからやる人に デッキ25枚持ち札10枚3R2勝すれば勝ち
    ラウンドごとに3枚補充
    毎ターン出せるカードは1枚ずつ
    場のユニット体力の合計が多い方が勝ち
    手札がなくなるor場にカードを出したくなければパスをすればラウンド終了
    1Rで10枚使うと次は3枚しか無いので手札の温存を意識しないと単純な殴り合いになる
    1R目で勝ったら敢えて即パスして手札を補充するのもあり
    要するにいかに自分の場の体力を上げるかと、相手の手札を消耗させるかが大事になる
    またデッキは同色のみでしか組めない(赤なら赤のみ、青なら青のみみたいな。どこでも使える無色も有ります)ため、勢力によって戦術を変えるなど考えることが多いです
    やってて楽しいが問題点も
    デッキ25枚の総コストは決まっている
    カードごとにコストがつけられているが、完全上位互換がいる(1体力1コストとかんがえてね)
    当然コストが重くなるが、場で永続効果を出すユニットを倒せるか倒せないかの違いは大きいです
    例えば毎ターン体力を1上げるユニットがいたとして、10ターン居座れば体力+10でこれは手札約2枚分のアドです
    これを止められるかどうかですね
    そういった意味で重いカードの方がコスパが良いです
    あと最初に書いた殴り合いになった場合、手札がお互い3枚しか無い状況だと単純に重たいカード持ってた方が勝つんでつまらないです

    取り止めもなく書きましたが、これからやる人にアドバイスとして
    ・勢力は一つが二つに絞りましょう
    海外製だからかカード揃えるのはしんどいです
    ガチャ全然いいカードでないです
    使わない勢力はさっさと材料にしましょう
    ・無色の良コスパを手に入れましょう
    欲しいカードをピンポイントで生成できるので無色の強いカードならどの勢力でも役立ちます
    コモンなら生成コスト安いんでまずはそこから
    ・ガチャは基本樽から
    色々ありますがこれ開けとけば間違いないです
    デッキ製作画面で樽ごとの排出カードも見れるんで欲しいやつあれば別の樽開けてもいいです(生成した方が早いかも?)
    ・リセマラできないです
    メールと紐付けされるのでリセマラ出来ません
    これマジでやめて欲しい

    以上
    俺はスタートでバラバラの勢力のカードを集めたせいで全然デッキが組めないです
    これからやる人はガチャをよく吟味するといいかと思います
  • 課金は運営への協力金として。それを払える内容の充実度 ウィッチャーの世界観を知らないままに始めました。2020年からのプレイヤーですが、課金しなくとも強いデッキは組める印象です。

    全くの初心者として始める場合は、他のゲームではあまり見られない勢力限定パックを購入して特定の勢力のカードを集めると楽です。
    新環境の「鏡の達人」以降はどの勢力でも強い動きが必ずできる状況になり得るので、雰囲気に合わせて選ぶといいと思います。

    自分はまずニルフガードから始め密偵などを活用して各勢力の動き方を学んでから、シンジケートでコインの運用法と各勢力の得意どころや戦術や受け攻めを学びました。

    3ラウンドのうち2ラウンドを奪取して勝利という一風変わったルールと、ラウンドをお互いパスした時の場の戦力値の累計で勝利を決める方式など、心理的駆け引きやデッキ構築能力への重点が見られます。

    かなり初心者へも導入がしやすいシステムのため、いつ始めても構いません。ただ、とりあえず6つの勢力のうちいずれかに特化しながらプレイした方が楽だとは思っています。
    ある程度勝率が上がって、勢力内で複数のデッキが組めるようになれば、別の勢力のカードを解禁するプレイが出来るので、とても気楽にプレイ出来てとても楽しいです。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2017 AppleRank. All Rights Reserved.