iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 42,575件
Modified : 2021/05/12 19:28
 すべて (42575)
 
 
  ビジネス (560)
  メール (1038)
  教育/学習 (2413)
  辞書/辞典 (534)
  天気 (483)
  占い (164)
 
 ゲーム (21864)
  アクション (2686)
  アーケード (163)
  スポーツ (712)
  レース (852)
  ストラテジー (185)
  ボードゲーム (574)
  放置ゲーム (489)
  脱出ゲーム (1229)
 
 その他 (4775)
  未分類 (4775)
Rebel Inc. -反逆の株式会社‪-‬ (総合 10310位)
価格 : 250円
App Store 評価 : 4.7 (評価数 : 6,222)
 


カテゴリー
ダンス/リズム (ゲーム)
バージョン
1.8.0
App Store
更新日
2021/05/01
開発者
Ndemic Creations
対応機種
iPhone(iOS 9.0以降)、iPad(iPadOS 9.0以降)、iPod touch(iOS 9.0以降)
対応言語
英語 
サイズ
265.1MB
情報取得日
2021/05/12
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
あなたは恐ろしい反乱を止める事ができるか?Plague Inc. -伝染病株式会社- のクリエイターによって制作されたユニークで非常に魅惑的な政治/軍事シミュレーション。

戦争は「終わった」−しかし我々はそれが何も意味し無い事を知っている。国を安定させるには、民間と軍事の優先事項のバランスをとりつつ人々の信頼を勝ち取って、反乱軍が権力の座につくのを阻止しなければならない!

Rebel Inc. -反逆の株式会社- は1億人以上にプレイされた最も人気のある有料ゲームの1つ、Plague Inc. -伝染病株式会社- のクリエイターによって制作された最新のゲームです。美しいグラフィックと高く評価されたゲームプレイの融合−Rebel Inc.は現代の反乱鎮圧の複雑さとそれに伴う因果関係に触発された、非常に魅力的で戦略的な挑戦をあなたに提供します。

◈◈◈ 世界No.1の有料ゲームアプリ ◈◈◈

▶ 「『反逆の株式会社』は人々に紛争後の復興という厄介な課題に取り組ませ、平和構築の複雑な現実をよりよく理解できるようにしました。」 − ワールド・バンク・グローバル・リード・オブ・スタビリティ・ピース・アンド・セキュリティ
▶ 「App Storeで最もヒットしたゲームの1つに対する非常にやりがいのある精神的な続編。」 - Pocket Tactics
▶ 「驚くほどに洗練されている…私が政府で使用している安定化訓練ソフトウェアの幾つかよりも優れているよ。」 - PAXsims

iTunes App Store レビュー
  • 決断力と試行回数、そして祈りを要求するゲーム 初めの基本的な5人の統治者(公務員〜密輸業者)全てで基本的なマップ5つを超ハードでクリアしました。次はブラックケプスですが、何回やり直すことになるんでしょうねぇ…

    ノーマルまでは慣れれば誰でも出来るはずですが、ハードからは、反乱軍への対処の仕方を場面場面で変えていかなければなりません。
    基本的な方針は反乱軍を遠隔地に追い込んで、支援レベルの上昇、自国軍の強化を待つ事だと思いますが、マップによっては四方から反乱軍が湧き出すまでに連合軍多めに雇って殲滅する必要があったりします(まあこれが必要になる場合は大方リセットすることになるんですがね)。
    特にピスタチオフォレストは、ほとんどの場合は、初期配置に依らずに四方から湧き始めるので、早めに殲滅し、残りを予定の遠隔地に追い込んで動かなくさせるやり方になりがちです。この操作は難しく、連合軍を多く雇うので、支援レベルの減少で評価が下がって結局リセットととなることも多いですね。良い位置に出現するようにお祈りですね。

    どの統治者でも共通する方針を書きます。

    初期段階で早めにNGOの支援が来るのを祈る(反乱軍の噂が来る前に支援イベントが起きると良い)。

    反乱軍が都合の良い位置に来るのを祈る。

    反乱軍が複数発生しないように祈る。

    序盤に道路系やセキュリティの不満が来ないように祈る。

    ホテルイベントが序盤に来ないように祈る。

    反乱軍がすり抜け(バグ?)をしないように祈る。

    汚職防止一段階目は、自国軍一つ目を作るあたりで取っておく。(汚職防止は値段が高いのでタイミングが難しいですが、支援レベルが半分まで行ったらその後は汚職防止四段階まで一気に取るのが安定する気がします。)

    広報活動系は、反乱軍が発生する前に脳死で一段階取得、二段階目のタイミングは、普遍的主義と、支援レベルが大きく上昇する雇用系または通信系を一つ取った後に取ると良いです。早めに第二段階まで取っておかないと、汚職防止による支援レベル上昇が効果的に働きません。

    中盤までは地域の不満解消よりも、支援レベル上昇を優先する。超ハードは不満による支援レベル減少が著しいですが、一つ一つ解消していては結局全体的な支援レベルが上がりきらないので、ある程度無視して普遍的主義、通信二段階(あるいは雇用系)、広報活動二段階、セキュリティ二段階で一気に支援レベルを上げた方が良いです。複数地域で同じ不満が出たらそれは優先して解消しましょう。

    反乱軍を遠隔地に蓋をする時、反乱軍が占領している地域を5つ程度にする。反乱軍が少ない地域を占領している状態で蓋をした場合、何故か他の地域で反乱軍が発生しやすくなります。支援レベルが上昇、セキュリティ二段階取るまでは攻撃しないようにした方が安定します。

    蓋をしている遠隔地以外で反乱軍が発生した場合、蓋の部隊を半分にして、連合軍を雇ってでもすぐに殲滅する。蓋が完了した後は支援レベルを上げ切ってしまえば勝ちなので、多少無理してでも殲滅した方が良いです。

    最初はお祈りが多いですが、それを乗り切った後は決断の要素が大きくなってきます。お祈りが通るように、試行回数を稼ぎましょう。

    公務員でプレイするなら、超ハードであっても、それほど試行回数積まなくても優先順位を間違えなければそれほど難しくないはずです。

    将官がやや難しいですが、駐屯地が良い位置に来るのを祈った後、独自の自国軍強化を早めに行い、連合軍を雇う数を減らすようにすると上手くいきやすいです(それでもかなりの試行回数が必要です)。
    ただ、情報が入っている地域から離れた位置に、初めは反乱軍が発生しやすいので、発生して欲しい場所の反対側に駐屯地が出来るようにするのも手です。ディスタントステップを将官でする場合は、東側で抑えるので、駐屯地を西側に置いて初期湧きを東側で安定させると良いです。

    戦車指揮官は…まだちょっと分かりません。増派イベントが来るのを祈ると良いかもしれません。

    運要素大きいですが、それを乗り越えた後の達成感が半端ないですね。毎回パターンが変わるので、その対応を考えるのも楽しいです。

    素晴らしいゲームでした。
  • ハードまで(は)行けます ゲーム自体の難易度が相当高い。前作のplague.incと同じ難易度だと思って遊ぶと酷い目に合う。今作のハードは、plague.incの超ハードクラスの難易度と捉えて問題ない。システムを理解するまではノーマルでさえクリアするのに一苦労するレベルである。
    今作は前作と違い戦略の自由度が高い為、一発でハードをクリアするのはほぼ不可能だろう。ハードは相当難しいが、ある程度遊び続けることで状況に応じて臨機応変に立ち回ることができるようになれば(多少の運要素もあるが)、ある程度安定してクリアできるようになっている良バランスである。
    ワンパターンな戦法ではうまくいかない上、理不尽なことも多いが、その分クリアできた時の喜びや達成感はかなり大きい。好みは別れそうではあるが、個人的には好きなゲームである。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜例外〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    究極のドM専用キャラクター
    将官:反乱軍をボコボコにできそうで強そうだが、民間戦略の価格が上がるという致命的な弱点がある。前提として、このゲームでは反乱軍を殴ることより民間戦略を上げて安定化される方が重要な為、とことん噛み合っていない。
    戦車指揮官:名前だけ見ると強そうである。が実際の戦車能力は、機動力、移動速度、配置で評価低下などマイナス効果のフルコース。一応戦闘力は上がるが、それを200倍上回るデメリットがある。

    超ハード:無理ゲー。もはや笑える。
    ・民間戦略をマッハで始めても、それを待てずにブチ切れて評価を下げまくってくる民間人
    ・某お隣の大国のような大量の汚職
    ・小国なら瞬殺出来そうなぐらいに強い反乱軍がゲームスタート直後に複数箇所から襲撃

    ちなみにこのゲームで1番難しい設定は、
    マウンテンパス+戦車指揮官+超ハード です。
  • 運ゲーじゃなく攻略方法を間違っている 「ハードモードは運ゲーだ」というレビューが散見されますが、攻略方法の問題です。
    このレビューの下の方にハードモード攻略のヒントを書いておきますので、もし必要なら参考にしてください。

    ◯レビュー本文◯
    前作「Plegue inc.」は「ゲーム内で何かイベントが起きるのをじっと待ち、起きたイベントへの対処に追われる」という受け身の姿勢が基本でしたが、
    今作では、反乱軍を袋小路に追い込む方法を考えたり、発生したイベントが3択(と、それぞれに成功確率あり)形式になっていたりなど、自分からゲーム展開を動かし易くなっているので退屈せずにプレイできます。(難易度が低いわけではない)

    また前作でいうところの「海外との往来を断絶したアイスランド」のような、難攻不落過ぎるストレス要因がないのも良い。

    【ハードモード攻略のポイント】
    (※ハードモードを安定してクリアする方法の一例です。やり方は他にもあると思います)

    1.
    ◯政府の体制は序盤に整えること◯
    区域の情報がない状態(=区域が灰色の状態)では、その区域に対して政策が実行されないため、早い段階から情報を取得しておかないと安定化が遅くなり様々なデメリットを生みます。
    その為、区域調査の政策はゲーム開始直後に2段階目まで取得するのがオススメです。

    また、どれだけ区域にサービスを提供しても、広報政策を行わなければ支援レベルは殆ど上がりません。
    広報政策の1段階目はゲーム開始直後に取ってしまいましょう。(2段階目もあとで必ず取りましょう)

    2.
    ◯序盤は連合軍に頼り切っていい◯
    連合軍を雇うと支援レベルや評価を圧迫しますが、それ以上に自国軍の育成期間の長さはハードモードでは命取りです。
    序盤〜中盤にかけては、連合軍を4〜5部隊雇って期間延長を申請しながら空爆とドローンと連合軍の強さで一気に戦線を押し上げ、そのあと自国軍に切り替えて行くのがオススメです。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2021 AppleRank. All Rights Reserved.