iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 45,469件
Modified : 2021/09/28 09:44
 すべて (45469)
 
 
  ビジネス (648)
  メール (1078)
  教育/学習 (2641)
  辞書/辞典 (599)
  天気 (541)
  占い (194)
 
 ゲーム (23078)
  アクション (2802)
  アーケード (175)
  スポーツ (769)
  レース (917)
  ストラテジー (196)
  ボードゲーム (593)
  放置ゲーム (588)
  脱出ゲーム (1347)
 
 その他 (5136)
  未分類 (5136)
mediLink - メディリンク (総合 6876位)
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.5 (評価数 : 7,182)


 


カテゴリー
教育/学習 (アプリケーション)
バージョン
4.3.2
App Store
更新日
2021/09/11
開発者
MEDIC MEDIA CO.,LTD
対応機種
iPhone(iOS 10.3以降)、iPad(iPadOS 10.3以降)、iPod touch(iOS 10.3以降)、Mac(macOS 11.0以降とApple M1チップを搭載したMac)
対応言語
日本語  英語 
サイズ
79.1MB
情報取得日
2021/09/28
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
mediLink -医学の “まなび” のプラットホーム-

◆学習の3段階が1つにまとまる◆
医学生の学びを、もっとSmartに、もっと楽しくしたい――。そのような思いで私たちは「mediLink」をつくりました。
・まず、①講義動画(INPUT)、②問題演習(OUTPUT)、③書籍参照による知識の補強(REINFORCE)、この3つの学びの流れを1つのスマートフォン・タブレット端末向けのサービスとして一体化し、スムーズに学習できるようにしました。

◆mediLink動画:e-learning時代に適した動画とテキスト◆
・ベースとなる講義「Q-Assist」は、1動画10分前後とスキマ時間でも視聴しやすく、1疾患1タイトルが基本なので復習時も見たいテーマをすぐ探せるようになっています。
・電子黒板を利用した講義はスマートフォンでも見やすく、字が読めない、板書時間が長いといったストレスもありません。
・テキストはPDFで公開しているため、印刷して使うことも、「GoodNotes」などのアプリを利用し端末内で管理することもできます。

iTunes App Store レビュー
  • 愛用してます 医学部生です。スマートフォンでQ-Assist動画を見ながらiPadでレジュメのPDFに書き込み、必要な時にイヤーノートをアプリで参照しながら勉強しています。
    紙媒体は重くてイヤ、全部デジタルで管理したい派の私にとって、このアプリはなくてはならない存在です。iPadとスマホで好きな時に国試の勉強ができ、実習で気になったこともその場ですぐ調べられるので重宝しています。
    一点気になることがあるとすれば、ノートとブックマーク機能についてでしょうか。
    あとでまたチェックしたいところはメモを添えたりブックマークしているのですが、その量が結構多いため、ノートやブックマーク内の検索機能が欲しいと思いました。また、ノートを参照する時全画面表示でなく、iボタンで掲載頁と監修が出てくるのと同じ感じで小さい画面で出てきてもらえたら、パッと確認できていいかなと思いました。
    マーカー色やコンテンツ毎の絞り込みはすごく良いのですが、更に臓器別などの絞り込みがあればもっと便利だなと感じました。ブックマークの一覧表示も、1項目に取る幅が太いため、以前残したメモを探したい時たくさんスクロールしなければなりません。1画面あたりの表示数を増やせればいいなと思います。
    アップデートで検索語をマーキング表示されるようになったのはとてもよかったです!
    これからも利用していきます。
  • デベロッパの回答 mediLink運営です。ご利用いただいておりありがとうございます。
    ノートとブックマーク機能について、開発担当者に要望として挙げさせていただきます。

    引き続きよろしくお願いいたします。
  • 電子化した意味を全然分かってない。 電子化の意義を全然理解していないやっつけ仕事で驚かされる。これを作った人は役所出身なのだろうか。

    まずQBオンライン。数ヶ月前に念願のスプリットビューに対応したとのことで嬉々として使ってみたら、サイズが中途半端なサイズまでしか縮小できず、本文の端の5文字ほどが見切れる。なんだこれは。β版だろうか。信じがたい。何が悲しくてせっかく画面がでかいiPadで、長文を右へ左へスワイプしながら読まなきゃならんのだ・・・スプリットビューの意味がない。これはそのうち改善されるだろうと思ったらずーっとそのまま。おいおい。

    QBオンラインがそんな有様だが、せめて病見え系書籍の電子辞書としての機能はまともだと思いたいところである・・・が、そんなことないんだな、これが。

    こっちは電子化の肝である検索機能が極めて貧弱である。絞込み検索ができない。組み合わせ検索ができない。検索結果は並びがグチャグチャ。せめて書籍ごとにソートするとかできんかったのか。まるでスミソニアン博物館である。たまげたなぁ。

    また検索結果一覧画面では検索文字列を一発で消せるように右端にバツボタンがついている。お、わかってるじゃん、と思ったら、何故かそのすぐ隣にヘルプ表示ボタンがあるのでしばしば誤タップしてしまう。で、そのたびにいちいち、大半の人にとって一度読めば二度と用のないヘルプがポップアップ表示される。で、わざわざポップアップ下部の「OK

    」ボタンを押さないと消えてくれない。検索しようと思って目線も指も画面上部にあったのに。普通こういうポップアップは外の任意の位置をタップすりゃ消えてくれるけど、なんでそう作らないかな。これ作った人は普段スマホアプリ弄らないんだろうか。古典的な日本製白物家電みたい。

    また昨今のアップデートでは検索文字列をハイライトする機能が搭載された。待ってました!と、これまた嬉々として検索してみたが、紙面の半分ほどは文字ではなく画像データとして取り込まれていて、その中の文字はハイライトされないので結局あんまりハイライトされない。この場合ハイライトを探す分、脳味噌のタスクが一つ増える。なんやねん・・・

    そうそう、その画像データはタップすると拡大可能になるけど、紙面をスワイプしているとその気がなくてもちょくちょくタップして画像単体表示になる。それ自体は仕方ない。この手のツールではよくあることである。問題はここからで、普通こういう画像のポップアップも、ポップアップの外の任意の場所をテキトーにタップすれば元の画面に戻れるようになっている・・・のだけどやっぱりこのアプリはそうなってない。前述の検索画面での謎のヘルプと同じく主張が激しい。今度は右上のバツボタンを狙ってタップしなければいけない。またしても目線と指の動線が大きい。地味にテンポが悪くストレスフルだ。ああもう、ホントなんでこうなるかなぁ・・・

    そういうとこ年単位でずーーーーーーっと改善されてないんですよね。マジで作りっぱなし。
  • デベロッパの回答 mediLink運営です。貴重なご意見をいただき厚く御礼を申し上げますとともに、お客様のご要望に添えず数々のご不便をおかけしていることをお詫び申し上げます。少しずつでも皆様からのご意見をもとに改修を重ねていければと思っております。

    まずQBオンラインのsplit view使用時の表示不具合について、ただいま対応方法を検討中でございます。ご不便をおかけし大変申し訳ございません。

    検索機能に関しまして、絞り込み検索、組合せ検索、画像内検索へのご要望をありがとうございます。検索用語に関しては、ユーザの皆様の検索実績をもとに随時用語の追加等に対応しております。検索結果の並び順も、最も関連度の高いものが最上部に上がるよう設計しておりますが、いまだ挙動が不十分な用語も多々あり、今後より発展させるべく努力してまいります。書籍ごとのソート希望についても貴重なご意見をありがとうございます。

    検索結果一覧画面のレイアウト(右端バツボタンとヘルプボタンが近い)についてですが、お客様のご使用の端末名を教えていただけますと幸いです。可能であれば以下のフォームより、実際の画面のスクリーンショットもご提供いただけると大変助かります。

    画像ピンチインモードから通常モードへの遷移(すぐに戻りたい)についても、ご意見ありがとうございます。今後の改修で参考にさせていただきます。

    他にも具体的なご要望やご意見がありましたら、下記フォームよりお寄せいただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
    ▼お問い合わせフォーム
    https://accounts.medilink-study.com/front/contact
  • アップデートでめちゃくちゃ良くなった アップデートによって以前の挙動のおかしいアプリから大変使いやすいアプリへと変貌しました。医学生なら使用すべきアプリとコンテンツであると言えると思います。

    一方で、改善の余地もまだ残している印象です。例えば、
    ・病気がみえるではマーカー対応である一方、QBオンラインではマーカーは使えずメモ書きができるノートのみ使える状態となっています。また、そのノートも外部キーボードで使用すると矢印キーでカーソルがを動かせません。
    ・ダウンロードして使うコンテンツ(イヤーノートや病気がみえる)でページ遷移が不安定な状態を確認しています。スワイプにより見出しが変わると次見出し頭に移行(または前見出し末に移行)するのが正規の動作だと思いますが、スワイプの具合によって、見出しの途中に遷移することがあります。また、連続で見出しが変わると更に不安定な動作になります。
    ・QBオンラインの凡例が見当たりません(どこかにあるとしても分かりづらい)。特に、解法の要点や選択肢解説に載っている、MEDIC MEDIAのどのコンテンツに解説があるかという表示がどのコンテンツを指すのか、初見ではやや分かりづらいです。

    他にも、split viewでの挙動もたまにおかしくなるなど、不安定なところが多いので、デバッグやアップデートをこれからもよろしくお願いします。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2021 AppleRank. All Rights Reserved.