iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 46,375件
Modified : 2022/05/18 14:27
 すべて (46375)
 
 
  ビジネス (720)
  メール (1131)
  教育/学習 (2850)
  辞書/辞典 (645)
  天気 (570)
  占い (192)
 
 ゲーム (22501)
  アクション (2708)
  アーケード (164)
  スポーツ (778)
  レース (828)
  ストラテジー (194)
  ボードゲーム (579)
  放置ゲーム (574)
  脱出ゲーム (1356)
 
 その他 (5601)
  未分類 (5601)
コトダマン-共闘ことばRPG (総合 10075位)
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.6 (評価数 : 142000)




カテゴリー
ロールプレイング (ゲーム)
バージョン
5.2.2
App Store
更新日
2022/05/16
開発者
XFLAG, Inc.
対応機種
iPhone(iOS 13.0以降)、iPad(iPadOS 13.0以降)、iPod touch(iOS 13.0以降)
対応言語
日本語  英語 
サイズ
266MB
情報取得日
2022/05/18
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
\ことばをつなげて快感バトル!コトダマン

レビュー
  • レビュー 総合的にはとても面白いゲームです
    コトダマンというキャラクターを組み合わせて言葉を作り
    文字の長さや文字の数を稼ぎ 敵を倒すゲームです
    言葉作りを面白いと思う人なら嵌ると思います

    まず面白い点ですが
    多種多様なコラボと重厚なストーリー そして新しい言葉の発見が主に挙げられます 「こんな言葉があったんだ!」という驚きを楽しめる人ならまず楽しめるでしょう
    またキャラグラフィックが良く 端末ごとに画質や演出 音声の調整も可能です

    言葉作りさえ出来れば初心者でも簡単に上級者に近づけます
    言葉作りもマルチプレイで戦い方を見たりクリアデッキを参照すれば簡単に上達できます
    但し経験則が必要な場面も有るのでそこは注意です

    ソシャゲに良くあるバランス崩壊やパワーキャラも勿論有りますが
    旧キャラもギミックや文字の関係でずっと現役です
    コトダマンの当たりキャラを調べて狙ってガチャを引くのが良いかもしれません

    ストーリーも濃いですがやる義務はありません 楽しみたいやり方で自由に楽しめます

    ここからは面白くない点です
    メリットの裏返しに大きいデメリットが潜んでいます

    まず言葉作りさえできてしまえば後はキャラゲーになってしまう事です また最近の高難易度のステージはガチャキャラがほぼ必須です
    キャラが揃っていないと上級者でも勝てません 成長が早い人程躓く問題点でしょう

    また福という繰り返しクリアするシステムが有るのですが人が難しいステージならキャラがないと地獄です 逆に強い人が来れば早くターン回せば終わりです 単純に楽しめない人は直マンネリ化を感じると思います

    マンネリ化といえばキャラクターにも言えます
    特徴を与えようとすると強くしたり 新ギミックの耐性をつけたり その文字が要求されるステージを作ったりという動きになります
    こうなるとこのキャラが必須要員になり 言葉も同じ物を只管作るだけです(余裕がない為新しい言葉を作る事ができない)

    最後に情報収集が必要な点です ギミックやステージ全体の動きを知っていないと言葉作りに長けていたり強キャラを持っていても活かせません ビリビリやコピーマスは凶悪と名高いギミックで自由度を大幅に低下させています 定石を作る為にソロで何度も研究するのも良いですがTwitterやYouTubeがないと厳しい場面もあります

    最後に一言
    時間と心にゆとりが有る人の暇潰しに最適かなと思います
  • プレイ開始1年 去年12月から始めて1年経過したので、サラッとレビューしてみようと思います。

    今から始める方、恐らく最初はかなり楽しいです。クエストの難易度は初級→中級→上級→超級→魔級→破滅級とあり、だいたい同時期に出た上級クエストのキャラをリーダーにして超級クエストに、超級クエストキャラをリーダーに魔級に…と進めていけます。
    第一弾の魔級クエスト(ゾンビ神子)、第二弾(邪神降誕)までは周の中で一体作れれば順繰りに回ることで魔級リーダーで攻略できるようになっており、ここまでは自分も大層楽しんでプレイしておりました。

    ただ次の2色魔級は降臨リーダーでの周回は厳しく、適正ガチャ限リーダー①と適正ガチャ限リーダー②でペアを組んでマルチプレイを推奨されます(一応ソロ攻略も可能ですが余程手持ちが充実していないと無理)
    魔級ベースで行くとその次は咎人編に入りますが、これ以降はソロプレイは可能でも属性と種族でPTメンバーを縛られ編成の自由度がかなり下がります。例えば闇属性霊種族でトゲ/ヒール持ち…となるとまあかなり絞られるんですよね。コラボ等除いた降臨キャラのみの編成で周回は無理です。(リーダースキルが特定種族6体属性12体とかなので、そもそも埋まらなかったりする)

    コラボは月一で開催されてますが、近頃はコラボガチャで排出されるうちの1体にコラボ降臨最高難易度の適正を与え、そのキャラがいないとそもそも挑戦権がないようになっています。
    とにかくガチャを回させたいのは分かるんですが、楽しみまで削ぐ販促方法で正直やる気を無くします…

    万葉集の過去降臨も全て満福にしてしまい、最新には追いつけず、今は殆どやることが無いです。
    年末年始か大きめのコラボで今までの高難易度適正が目玉になると思うので、それまではログイン勢になるかな…

    ゲームシステムは普通に楽しいので、邪神辺りの雰囲気で続けたかったです。
  • コトダマンの実情 様々な意見のレビューがありますが、しっかりプレイしてるのか疑問になるものがチラホラ存在しているので、私が現在コトダマンに対して思うことをレビューしていきます。参考にしてみて下さい。

    1.ガチャについて
    無料アプリゲームでは必ずこの部分が評価されてしまいますが、コトダマンのガチャはそこまで酷くはありません。最高レアリティはしっかりでます。しかし、一部の高難易度クエストに挑む際に必要となるキャラが存在している点が多くのユーザーの反感を買う部分となっています。モンストコラボのルシファー降臨では、アーサーを持ってるかどうかでゲームが変わります。マルチに参加するか、自分で部屋を作らなければいけないかです。しかしコトダマンにも良降臨が存在するので、そっちをプレイしましょう。

    2.コトバを作る
    コトダマンは降臨毎に文字の配置が決まっています。その配置によって使える文字が決まります。他のレビューでは、決められた位置に特定の文字を当てはめるゲームと表現されることもあります。それは誰が決めたのでしょうか?文字配置をみて、様々な創意工夫がなされて1つの専用デッキが構築されていく。この点がコトダマンの楽しさだと思っています。そこまで考えると、適正キャラの文字とギミックが理解できます。文字配置をみて、考える際は「コトダマン辞書」というのがあるので活用してみては!

    3.オススメ降臨
    以下では進めやすい降臨の順番を紹介します。
    デザイ網バシリ→ライガーゴイル→レツアクエル
    順に邪神シリーズをこなす。

    4.まとめ
    ガチャの中には一部必須キャラが存在している。出ない時は諦めて下さい。諦めない人はコトダマンを楽しめる才能がありますよ!
    コトダマン辞書を活用すれば見えることがある。
    しっかり考えてプレイすれば中々に良いゲーム
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2022 AppleRank. All Rights Reserved.