iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 45,327件
Modified : 2021/11/29 10:26
 すべて (45327)
 
 
  ビジネス (657)
  メール (1081)
  教育/学習 (2716)
  辞書/辞典 (616)
  天気 (542)
  占い (190)
 
 ゲーム (22656)
  アクション (2748)
  アーケード (166)
  スポーツ (764)
  レース (892)
  ストラテジー (193)
  ボードゲーム (584)
  放置ゲーム (571)
  脱出ゲーム (1321)
 
 その他 (5226)
  未分類 (5226)
AnyDeskリモートデスクトップ (総合 12855位)
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.7 (評価数 : 1,870)


 


カテゴリー
未分類 (その他)
バージョン
5.6.2
App Store
更新日
2021/11/24
開発者
AnyDesk Software GmbH
対応機種
iPhone(iOS 11.0以降)、iPad(iPadOS 11.0以降)、iPod touch(iOS 11.0以降)、Apple TV(tvOS 11.0以降)
対応言語
日本語  英語  中国語  韓国語 ほか
サイズ
18.9MB
情報取得日
2021/11/29
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
強力なリモートアシスタンスソフトウェア。 隣のオフィスでも、地球の反対側でも、AnyDeskのリモートアクセスで繋がれます。 セキュリティ性と信頼性に優れ、ITプロフェッショナルにもプライベートユーザーにも最適です。


AnyDeskは広告なしで個人利用無料です。


AnyDeskのリモートデスクトップソフトウェアなら、セキュアかつシームレスにリモートデバイスに接続でき、ITサポートやテレワーク、リモート授業など、あらゆる人にぴったりのソリューションがあります。


AnyDeskは、こちらのようなリモートデスクトップ機能を幅広く揃えています。

iTunes App Store レビュー
  • TeamViewerからの乗り換え TeamViewerと変わらず簡単に操作できてTeamViewerのような制限もない。すごく使いやすい。
  • レスポンスはよい teamviewerから乗り換え
    表示はとても良い

    入力がちょっと残念
    ・入力欄をタップするとキーボードが開くが入力すると閉じる事が多々ある(予めキーボードを開いておけばよい)
    ・iPhone側のキーボードがiOS標準の日本語キーボードだとiOS側の変換とリモート側の入力がバッティングして変になる(iOSで英語キーボードにすればリモートにキー入力を送れる、ATOKキーボードとか使えばiOS側で日本語入力した結果をリモートに送れる)
    ・日本語キーボードの特殊キーはリモート側のバーチャルキーボードを使いましょう
    ・マウスが画面直接タップのみでタッチパッドモードがないため細かい入力ができない。
    ・画面の端を超えてスクロールできないため、画面端が非常にタップしづらく、タスクバー隠してるとそのためにいちいちキーボード出してwinキーを押す必要がある。

    これ以外は今のところ不満はないので星3くらい
    ブラウザ起動して外部アプリ起動してボタン2、3押すとか、
    PC側のチャットにちょっと反応するくらいなら問題ないです。
  • UIは良し、しかし操作が… タイトルの通りです。UIに関してですが、各種特殊キーの同時押しが+ボタンを先にタップしておくことで可能になるのは良い点です。もちろん先に特殊キーをホールドしてから、通常キーボードに戻せば特殊キーとアルファベットの同時押しも楽勝です。
     その特殊キーの一覧性も圧倒的にiOS版TeamViewerより優れています。iOS版TeamViewerの特殊キーはずらずらと画面上部に横並びしていて、いちいちスワイプしないと大部分のキーは出てこないので。
     UIで困るのは「このアイコン説明も何も出てこないけどどういう意味!?」くらいですか。ドイツのアプリなので、そこを期待するのは無理がある気もしますが。

     しかしながら、操作には大いに不満があります。まず、画面をタップしても、それが微細なドラッグだと認識されやすいのか、クリックしてくれないことが多いです。このソフトはスワイプを単純にマウスドラッグに紐付けているので、それも原因の一つでしょう。ドラッグ判定の閾値をかなり長めに取るか、いっそのことiOS版のTeamViewerやchromeリモートデスクトップのように、ダブルタップないしはロングタップで初めてマウスドラッグを開始する仕様にすべきだと私は感じます。
    (chromeはchromeで、特殊キーが軒並み使えなかったり、特殊なネットワーク環境を突破できなかったりと、致命的な弱点が多いのですが…)
     また、低速回線時は、こちらの遠隔操作が実際に向こうに反映されるまでに異様に時間がかかります。映像はスムーズに動いているときでも、操作のレスポンスは妙に遅れがちです。
     それと、私は画像の反応についても不満を持っています。画像通信自体は高速回線であれば、さすがデスクトップキャプチャ専用の映像エンコーダを謳っているだけあって滑らかです。しかし、特に低速回線時は、延々と回線に詰まったコマ数の多いデータを順繰りに送って来ているようです。低速回線時は回線に詰まった画像データを潔く飛ばすという、その潔さが足りない気がします。

     冒頭にも書いたとおり、UIは良いところがあるので、将来に期待したいところですが…どうでしょうか。TeamViewerの完全上位互換になってくれたら最高なのですが。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2021 AppleRank. All Rights Reserved.