iPhone,iPad iPod touch用アプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるiPhoneアプリを見つけられます。

AppleRank(アップルランク)  このサイトについて
登録アプリ数 : 44,298件
Modified : 2020/08/03 02:10
 すべて (44298)
 
 
  ビジネス (576)
  メール (1087)
  教育/学習 (2556)
  辞書/辞典 (634)
  天気 (502)
  占い (195)
 
 ゲーム (22679)
  アクション (2865)
  アーケード (173)
  スポーツ (743)
  レース (837)
  ストラテジー (183)
  ボードゲーム (592)
  放置ゲーム (445)
  脱出ゲーム (1184)
 
 その他 (4864)
  未分類 (4864)
みんなで早押しクイズ (総合 6370位) ※2020/08/02時点
価格 : 無料
App Store 評価 : 4.7 (評価数 : 210000)
 


カテゴリー : ソーシャルネット (アプリケーション)
バージョン : 3.6.1
App Store 更新日 : 2020/07/29
開発者 : Takatoshi Kobayashi
動作条件 : iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
サイズ : 76.8MB
情報取得日 : 2020/08/02
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


概要
オンライン対戦早押しクイズゲームアプリが登場!
ライバルと対戦してレーティング上位を目指そう!

選べるモードは、ランダムマッチ・フリーマッチ(フレンド対戦)の2種類。

■ランダムマッチ
全国のライバルとオンラインで早押しクイズ対戦!
対戦に勝利しレーティングをあげ、さらなる強敵と対戦しよう!

■フリーマッチ
友達と、家族と、パーティーで、飲み会や合コンで、テレビ番組のような早押しクイズをみんなで楽しもう!
出題問題は、3種類の難易度からおまかせ、またはオリジナル問題を作成して出題可能。
自分だけのオリジナル問題を作って全国のみんなに出題してみよう!
対面対戦モードなら端末を早押し機としても使用できます。

■フレンド機能
フレンドと2人で1対1対戦やチャットを楽しんだり、フリーマッチでフレンドをたくさん招待してみんなで盛り上がろう!


音源提供
「魔王魂」様
「music is VFR」様
「On-Jin ~音人~」様
「ポケットサウンド」様

iTunes App Store レビュー
  • 感想と提案と何か ≪真面目に考えるのが好きな人や長文好き、運営の方、それと優しい心を持っている方推奨の文字列です。≫

    バージョン3.4.1にて正解不正解の文字のフォントが直り、見やすくなった!正確にバージョン3.4.0以前のフォントを記憶していないためフォントが元に戻ったのか、はたまた見やすいモノに変更されたのかは私には分からないが、対応速度が尋常じゃない!ほんの1日で改善されており、これはもう天晴れと言うほかに選択肢は無い。
    以降『---』で区切られている部分は私が2日前に投稿したレビューである。これを踏まえた上で対応して頂けた事をこのアプリのユーザー諸君には考えて貰いたいと思う。

    -------------------------------------------
    バージョン3.4.0で正解不正解の画面(文字のフォント)が変わったが、この変更で単純に見づらくなり、チープな見た目となった。見ていて疲れるフォントだと思う。文字の並びから素早く解答を導き出すゲームであるのに(問題文ではないが)文字にデバフを掛けてどうするつもりなんだ……。
    違和感は最初だけで徐々に慣れると言ってしまえばそれまでだが、以前がすっきりしていてとても見やすいフォントだっただけに変更する必要があったのか疑問に思う。
    フォントの選びはセンスが出るところでもあり、『見やすさ』という観点で配慮を怠ってはいけないものだと私は考えているため、今回のフォント変更は正直運営に対し……うん、まぁ次頑張ろ?と言った感想を抱かせるに足りるものだった。
    -------------------------------------------

    だがしかし!クイズ履歴のコピーが可能!今までのあのちまちまと間違えた問題を作問するページで打ち直すというあの悲劇を払拭!!全私が泣いた。この変更は神の祝福と呼んで差し支え無いと思われる。

    以上が今回のアップデートに対する感想です。以下がアプリ自体に対する提案です。

    スポーツや芸能の問題に関して言及しているレビューをちらほら見かけるが、私はその手の問題の割合に関しては多少大きい気はするがまぁ妥当なところなのではないかと思う。ただ、スポーツで出される問題が野球関連に偏重しているのはどうかと思う。もっとより広範なスポーツでその競技“自体”の問題を出すのがベストだと考える。
    例えば選手名を答えさせるのではなくて、「インドの国技カバディにおいて、攻撃者が『カバディカバディ…』と息継ぎをせずに発声し続ける行為を何というでしょう?」(答え、キャント)のような問題とかが良いと思う。
    それと、極度に専門性の高い問題があるのを問題視している方がいらっしゃるが、それはそれくらいのレベルの問題が無ければ上位陣に差が生まれないからです。
    しかしここで思うのはSランク帯の問題群を作っても良いのではないかという事だ。上記の専門性問題はそこまでのレベルの問題を必要としていない層でも出題される点に落ち度がある。Sランクの問題群を作り、そこに以前よりあるAランクの専門性の高い問題をポイポイと入れてしまえば万事解決なのではなかろうか。
    私は一応Sまでは到達したが、Aランクより上の問題レベルが解禁される事が無かった為Sランクの問題群は存在しないと考えているが、実はSの中でも上位層にのみ開放される特別な問題群があるのかもしれない……。故にこの私の提案が見当違いの可能性もあるのだが、そこは、まぁ御愛嬌という事でここはひとつよしなに宜しくお願いします。
  • 好みが分かれる 今ハマっているので面白いとは言えますがいくつか不満点があります。

    機能云々は他の方が指摘されているので置いときますが、クイズの内容にかなり偏りがあります。

    今現在Aランクのクイズを楽しませていただいているものですが、そんな情報どこから引っ張ってきた?と聞きたくなるような、その道の専門家以外誰も知らないだろうマニアック過ぎる知識からの出題がかなり多いです。ウェスターマーク効果とか医学関係でも知ってる人いるんでしょうか。
    ◯◯は何語で何というかという語学を絡めた質問や地名や企業名や商品名などならまだしも、おそらくこのクイズアプリをやらなければまず間違いなくわからないだろうレベルの専門用語を解答にする出題などは不適切でしょう。

    またスポーツ関係の問題がとにかく多いです。
    体感的には5問に1問くらいの頻度で登場する気がします。
    なのでスポーツファンの方には有利な一方、そっち方面に疎い文系理系の方には悉く不利です。
    さらに芸能人関係の問題もかなり多いため、スポーツや芸能に詳しい人はとことん有利であり、芸能・スポーツを合わせた問題の出題率は全体で3〜4割を超えてるんじゃないでしょうか。
    頭でっかちの教養人以外も勝てるようにという配慮なのかもしれませんが、行き過ぎているようにしか思えません。

    ちなみにオタク系の問題は全体でも数パーセントあるかないかといったところで、さらに今時の10代の子供向けの問題となるとさらに少なくなり、出題を期待するだけ無駄というレベルです。
    フリー対戦でオタク系の問題を出し合っている人口の多さを見れば、いかに彼らがそっち系等の問題に飢えているかがよくわかり、なんともいたたまれない気分になります。
  • やればわかる、、、 表題の通りやれば分かります。このアプリ最初の内は楽しんでやっていたのですがレート(ランクの様なもの)が上がるにつれて、問題の内容がかなり偏ります。クイズもレベルに合わせた難易度ですし、豊富な問題数であることは間違いないですが、、、

    私の場合はクイズをし始めた理由は『為になる知識を付けつつ楽しみたいから』でした。

    しかし、出題内容は芸能系(アニメやドラマ、歌など)やスポーツ(野球やサッカーメインかつその他のマイナーなスポーツ)、ご当地系問題(ある地域での名産や料理、地元民しか知らない様な地理的問題など)が多く、2000問くらいデータを取ると実に46%ほどがその内容でした。

    勿論、クイズですからそういう問題もあって然るべきなのですが、これほどまでに偏りがあると単純にその分野に精通している人が圧倒的に有利になります。
    例えば東京付近に住んでる人の方が鉄道系の知識を問う問題に有利すぎるし、アニメやスポーツ系の比率が多ければそれも同様に言うことができます。

    問題作成は一般の人と運営のものが混合してると思いますが、採用したとしてもそれをただ後ランダムに出すのではなく、様々な分野の問題を満遍なく出題させるアルゴリズムがないと、レベルが上がるほど不利な分野の問題がたくさん出たり、価値のない知識をひたすら覚えることになりそうです。

    国語や理科、数学や社会、スポーツや芸能など大きな枠の中で、出題される比率は同じにすべきでしょう。問題数のストックが少ない分野は出題が被りやすくなるというデメリットもありますが、ある程度平等を期すなら必要な考え方です。
    1000問問題がある内上記で記した実用的でない分野が半分占めていたら、アトランダムに問題を出せば当然確率論的に後者の問題が多く出ます。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2017 AppleRank. All Rights Reserved.